0

効果が出る薬草オイル使い分けとトリートメントの極意(中級向け④)

<こんな方向け>

□アーユルヴェーダの薬草オイルの使い分けが難しいと感じている方
□症状に応じて、自信を持ってオイルを選択していきたい
□お客様の改善状況が理論的にわかる

□もっと鋭敏な感覚を開きたい方

 

(目的)
⑴ アーユルヴェーダの薬草オイルを使って、効果的なバランス調整法を学ぶ。

⑵ 体質と体調の見方に対するアーユルヴェーダの薬草オイル10種類の使い分け方を理解し、効果の出るトリートメントの組み立て方を伝授いたします。

⑶ タッチを鋭敏にしていく

 

持ち物
オイルがついてもよいTシャツ&短パンに、筆記用具をお持ちください。

 

◎3日間講座(4.0時間/回)

1日目:陰陽五行論と薬草オイルの使い分けについて(座学&施術の練習)

アーユルヴェーダのドーシャ理論とはまた違った五臓の観点で、身体のバランスを取っていく方法を伝授いたします。

お客様の症状にダイレクトにアプローチして、症状を一気に改善していきます。

 

実際に施術を受けて、技術のチェックと薬草オイルの体感をしていきましょう。

 

2日目:前回受けたオイルと施術の体感を元に(座学&施術の練習)

さらに五臓のバランスを取る方法を検討

(追加学習)

臓器と感情の関係

姿勢と感情の関係

7つのチャクラについて

 

今回のコンディションでバランスさせる臓とオイルを決めて、施術

 

3日目:意識が身体へ作用するとき (座学&施術)

前回から引き続き、薬草オイルが体に入ってどのような変化があったかをシェア

次にどこをバランスさせるかを検討しあう。

全身のトリートメント

(追加学習)

同調の仕方とタッチの鋭敏さを鍛える

 

計3日間x4時間=12時間

相モデルで行う場合は5時間になる可能性があります。

 

五臓のバランス

□講座代金

15万円(税別)材料費込み(全身のオイルマッサージが3回受けられる体感型の講座です)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です